活動紹介

平成30年10月16日 有志会

2018-10-17

平成30年10月16日の有志会について報告します。

ノーベルバイオケア様より新しいスキャナーについて
デモ機を用いて、お話して頂きました。

時代と共にスキャナーの性能も変わっていき
これから時間の短縮化、補綴の正確さが向上していくと思います。

 

 

平成30年10月9日 ライブオペ

2018-10-10

平成30年10月9日のライブオペについて報告します。

左4に埋入しISQ値と初期固定を得られる事を確認し、左2に埋入ISQ値測定し左3をEXTしました。
その後、クレスタルアプローチで大きく切開せずに左5.7に埋入しました。
ISQ値を測り、左2から左5までに即時荷重のTEKが入れれることが分かりました。
技工室にてTEKを作製し、SETしました。




平成30年8月28日 有志会

2018-08-30

8月28日の有志会では小林先生よりFIDIのお話しがありました。
林先生の講義より埋入ポディションからTeC、ファイナルまでの大切なポイントについての内容を学びました。

平成30年7月31日 有志会

2018-08-02

祐之先生より、先週のおさらいとルートメンブレンテクニックについてご教示いただきました。

このテクニックを用いることにより、補綴物装着前の退職した歯肉も綺麗に形態が整うということを学びました。

  

平成30年7月24日 有志会

2018-07-25

祐之先生より、前半は骨粗しょう症に対する処方と、口腔内の治療に関する最近の指標と指針を、
後半はインプラント補綴におけるプロビジョナルからファイナルへ移行する各ステップについて詳しくお話ししていただきました。

処方薬が口腔内の治療に深く関わってくること、また、プロビジョナルとファイナルの形態に差をもたせることで、エマージェンスプロファイルを育てることなど、様々なことを学びました。




平成30 7月17日 有志会

2018-07-18

「OJ抄録集 スペシャリストたちに学ぶ インプラントのための骨造成」
の抄読会を行いました。

切開をひとつ入れるにしても、血流のこと、骨のこと、
様々なことを考えて行わないと、その後が大変になっていくことを学びました。

  

2018年7月10日 有志会

2018-07-11

2018年7月10日 勉強会を行ないました。

今回はハクスイ様にきて頂き、岡崎先生よりエンドの講義をして頂きました。
髄室開口した歯牙を使い実習を行ないました。
 

平成30 6月19日 有志会

2018-06-20

6月19日の有志会では、

岡崎先生とデンツプライシロナ様より「エンドの講義、実習」を行いました。

根管の正しい見つけ方や、拡大の仕方をビデオを見ながら教えていただきました。

また、実習ではそれぞれのテーブルでディスカッションをしながら
進めていき、とても有意義な時間となりました。

 

 

平成30 6月12日 有志会

2018-06-16

6月12日有志会では、

「OJ スペシャリストたちに学ぶインプラントのための骨造成」抄読会がありました。

また、次週の有志会ではデンツプライシロナ様よりエンドの講演および実習にあたり
岡崎先生より、抜去歯牙の髄腔開口の説明がありました。

平成30年5月22日

2018-05-23

今回の有志会では、羽田先生より総義歯の講演をしていただきました。

義歯をするにあたり、まず有歯顎患者と無歯顎患者で
どこがどのように違うのかを理解すべきだということを学びました。

どんな義歯が良いのかという事は、患者ごとに違います。
そういった部分では義歯だけではなく、インプラントや
歯冠修復についてもいえることではないでしょうか。

 

« Older Entries
Copyright© 2011 有志会 All Rights Reserved.