未分類

H30.7.3 有志会

2018-07-04

H30.7.3の有志会は、羽田先生より第三回目のデンチャーの講義をしていただきました。
咬合採得から人工歯排列、完成の行程についてレクチャーしていただきました。
咬合採得は前回の内容ですが、もう一度聞きたいとの要望があり、改めてお話ししていただきました。
その後、人工歯の選択、人工歯排列、バランスドオクルージョンなどについて、羽田先生の考え方をたっぷり教えていただきました。

H30.7.3

2018.6.5 有志会

2018-06-06

2018年6月5日の有志会はOJ抄録集「スペシャリストたちに学ぶ インプラントのための骨造成」の抄読会でした。
骨補填材のみを用いた垂直的骨造成、GBR術式の選択、ブロック骨移植について読み、ディスカッションを行ないました。
またいくつかの症例に対し、FIDIの考え方を基にした、骨造成の是非についての議論も行なわれました。

平成30年5月8日 有志会

2018-05-09

5月8日の有志会は佐渡先生をお招きし、今年度の保険改定について講義していただきました。
院内感染防止対策の施設基準やレーザー機器加算など、新たに追加、変更された点について詳しくお話ししていただきました。

平成29年 2月7日 有志会

2017-02-09

2月7日の有志会は、インプラテックス様より

新製品の紹介をしていただきました。

 

① インプラントダイレクト社の、インプラント追加ラインナップ

インタラクティブシステム、スウィッシュアクティブシステム

レガシーシステムなどの、コンセプトの異なるラインナップについて

説明していただきました。

 

② メクトロン社、ピエゾサージェリーの追加ラインナップ

ピエゾサージェリータッチと、その廉価版である

ピエゾサージェリーホワイトの製品説明をしていただきました。

 

③ インプラント埋入、ピエゾサージェリーの実習

上記製品を使用して、実習を行いました。

埋入は下顎骨の模型、ピエゾに関しては豚骨を使用して

実際の使用感を確認しました。

 

9月11日 有志会セミナー

2016-09-12

9月11日はPGIの西川先生と井上先生をお招きし、顎関節症に関する講義と実習をしていただきました。

午前中は顎関節症、及び顎関節症に対するソフトスプリントやハードスプリント治療について学びました。

午後は実際に西川先生にセミナー参加者の顎関節症の診断、ソフトスプリントの調整をしていただき、その後実習という形であらかじめ持参した各々のソフトスプリントを、セミナー参加者同士で調整しました。

目の前であっという間に症状が改善されていく様はとても衝撃的でした。

DSCN0028[1] DSCN0029[1] DSCN0030[1] DSCN0033[1] DSCN0034[1]

H28.4.19 有志会

2016-04-21

4月19日の有志会はウルトラデント様に来ていただき、製品の紹介をしていただきました。
ティッシュマネージメントに役立つ止血材や圧排糸、エンド関連の薬剤や光照射機等を、説明を受けながら実際に見て触ることが出来ました。

・ビスコスタット
主成分の亜硫酸とデントインフューザ―チップの圧力により創面の毛細血管内にコルク栓のような凝塊で蓋をし、3~5秒で止血します。

・ウルトラパックコード
特殊な編み方をした圧排糸で、歯肉溝に入る際には収縮し、歯肉溝内では拡張します。

・ファイリーズJ
EDTA19%含有の根管用のキレート・潤滑材です。ナビチップを使うことで根管の奥までしっかり薬液をデリバリー出来ます。

・ウルトラデントEDTA18%
EDTA18%のスメア層除去材です。

・クロルシッドJ
次亜塩素酸ナトリウム3%の根管洗浄材です。

・VALO
光の拡散が少ない、高出力の光照射機です。アルミニウムを削り出して作られたボディは軽くて耐久性が高く、またブラックライトレンズやトランスルームレンズなど専用のアタッチメントレンズがあり、光重合以外の用途にも使えます。

DSCN0045[1]DSCN0049[1]

H28.4.10 歯科審美学会

2016-04-11

4月10日は富山で歯科審美学会のセミナーがあり、地元のスタディーグループとして有志会が協力させていただきました。
また数名の有志会員が演者として参加しました。
セミナーの内容は以下の通りです。

『これからの歯科審美を語る』

「日本歯科審美学会の活動について」 宮内修平先生
「審美、機能回復のための咬合診断」 岡崎考亮先生
「Anterior Restoration ~Forever 21~」 加藤大樹先生
「The Symmetric Central Incisors ~歯肉縁下カントゥアに対する臨床的配慮について」 木林博之先生
「フルジルコニアの優位性」 樋口常保先生
「インプラント周囲組織の診断とマネージメント」 小林祐之先生、片折浩紀先生
「審美性と機能性を考慮した臼歯部コンポジットレジン充填」 中山大蔵先生
「審美修復治療における最近の潮流」 北原信也先生

DSCN0001

DSCN0003

DSCN0007

有志会10周年記念特別講演会

2016-04-04

2016年、4月3日
富山国際会議場特別会議室にて、有志会特別顧問 白鳥清人先生と志田和浩様をお招きし、
「有志会10周年記念特別講演会」を行いました。

参加者は39名。
協賛業者として浅野歯科産業様、GC様、ノーベルバイオケア様がブースを設置し商品の展示を行いました。

午前は有志会の小林代表より、この10年の軌跡を臨床症例と共に発表し、続いて歯科技工士 志田和浩様より歯科技工士から見たインプラント治療に関して解説していただきました。

午後からは、白鳥清人先生よりインプラント材料の解説から始まり、実際の診査診断や治療手技などを臨床症例を交えながら解説していただきました。

とても素晴らしい講演会で、参加者は皆真剣に話に聞き入っていました。

IMG_1841

IMG_1847

IMG_1850

2016年3月22日 有志会勉強会

2016-03-24

3月22日の有志会勉強会は、ADI.G株式会社の水上さんのご紹介で、

シロナデンタルシステムズ株式会社の方をお招きし、
新しいシステムの説明をしていただきました。

 CEREC Orthoについて

・CEREC 4.4 New software について

・院内でサージカルガイドを…CEREC guide

・CEREC meets GALAXISの進化

・ ORTHPHOS SL3D登場

DSCN0013[1] DSCN0028[1]

DSCN0035[1] DSCN0029[1]

2016年 2月9日 有志会

2016-02-10

2月9日の有志会は、京セラ様より商品説明をしていただきました。

 

・オスフィール

医科用の骨補填材のオスフェリオンが歯科用として薬事承認を取得しました。

ミクロとマクロの連通気孔を有します。

 

・リフィット

フレキシブルな操作性を有し、自家骨に類似した構造、組成の骨補填材です。

生体内での吸収置換性に優れます。

 

・ボーンバイブレータ

補填材と骨に振動を与えることで、補填材を密に充填します。

また、粘膜の剥離にも使用することが出来ます。

 

・TRIOS

フルカラースキャンが可能な口腔内スキャナーです。

シェードメジャーや、高精細ビデオを撮影出来るといった特徴を持っています。

スキャンしたデジタル印象をWEB経由で発注することが出来ます。

 

 

 

 

DSCN9988[1] DSCN9989[1] DSCN9990[1] DSCN9991

« Older Entries
Copyright© 2011 有志会 All Rights Reserved.